栃木県真岡市 年2回の法定放射線漏洩線量測定は 放技研 へ。

交通案内  ▼サイトマップ

放技研
[ ホーム »  ]

 

「漏洩線量測定」とは?

X線(エックス線)は過剰に浴びると人体に影響が出る可能性が出てきます。
そのため、X線(エックス線)が外部に漏れないように特殊な加工をされている遮蔽が行われた部屋(エックス線診療室、レントゲン室)の中でエックス線を使う必要があります。

エックス線室では6ヶ月に1度以上の頻度で、エックス線が部屋の外へ漏れていないか検査する「漏洩線量測定」(以下、線量測定)の実施が法令で義務付けられています。

 

漏洩線量測定は弊社「放技研」へお任せください

線量測定は医療機関が自主的に行うものですが、専用機器と測定技術が必要になります。

弊社では、この作業を医療機関に代わって、測定を行います。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

還元水製造装置販売の販売を開始しました

活性水素水が手軽に作ることができる「還元水製造装置」の販売を開始しました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2017 HOUGIKEN, All Right reserved.